忍者ブログ

ひねもす ちはやふる

HN福ら雀による、漫画「ちはやふる」に関する思ったことのつれづれ考察。 基本的に、否定より現状肯定、貶すより良いほうに捉えることをメインのスタンスとしています。感想より分析が好きです。 支部もやってます↓ http://www.pixiv.net/member.php?id=11693593

11月17日ツイート 「本当に好き」Part2+太一のお母さん

@太一の言動を「まだ高校生だから仕方ない」とか「相手を思いやれないなら本当に好きじゃないとか聖人じゃないんだから」という意見があるらしい。最近の若い人?ってそうなのかな。本当に相手を好きなら、相手を思いやるのって「本当に好き」の「条件」じゃなくて「当然」だと思うんだけども…

@現実世界ではそれは勿論の前提だと思う。というか私は家族は勿論好き前提じゃない単なる会社の同僚でも、相手を傷つけまい、相手のためになることをしたい、と思って行動している。それが相手にとって逆の行動だったら申し訳ないし、それがわかれば詫びるけれど、基本はそうやって考え悩んで行動してる

@皆がそう思って、でも行き違いで傷つくこともあって、というのが現実の世の中。でも太一は物語の登場人物で競うべきはリアルさじゃない。そんな、好きな相手すら思いやれないような子の話を読みたいか?好きな相手すら思いやれない男の子にときめくか?という話だと思う。私は無理だ。

@だけどこれまでの太一の言動を基に、傷つけたことを自覚せず自分の事ばかり考える人?キャラ?ではないと信じたいので、今後ちゃんと千早と向き合ってその傷をお互いにでもいいから詫びてくれることを祈る。そうじゃないと読んでられない。高校生だからという人は結局太一に成熟を期待してないんだろな

@百歩譲って昼ドラとか一部の小説のようにお互いがお互いをガツガツ傷つけ合う物語も物語として勿論ありだし、楽しむ人はそれを楽しむんだろうけど、私はそれを「ちはやふる」で読みたくはない…。相手を尊重する大事さもメッセージとしてある作品だと思うんだけど…違ってたらもう読めないかも

@夜のまったり時間、娘とまたもや(笑)太一の話に。娘いわく「太一のお母さんホントはかるたやって欲しいんじゃないかな。だって「たるんでるんじゃないの?」って怒った後かるた辞めなさい!って言わなかったもんねー」とのこと。あの呆気にとられの感じに私もえ?と思ったけど、するどいなー小5

拍手[2回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

プロフィール

HN:
福ら雀
性別:
非公開

カテゴリー

忍者カウンター

P R

Copyright ©  -- ひねもす ちはやふる --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]